« せぴあ倶楽部 | トップページ | 最後の梅仕事 »

ラッキョと梅

今年もラッキョと梅の時期が来ました。

Photo_232
今年は去年のラッキョが残っていることがわかったので、1㌔のみ漬けました。
漬け方は毎年同じで、鍋にお湯を沸かします。沸騰したらラッキョを入れて、すぐにザルにあけて水気を切ります。
ジップロックの中にラッキョを入れて、市販のラッキョ酢を注ぎます。今年は、内堀醸造のラッキョ酢を使いました。
今回のジップロックは、スタンドタイプの底にまちがあり立つタイプのものにしました。保管用のプラ箱にお行儀よく入りました😃
梅は、まず「梅味噌」を作りました。
Photo_233
水に漬けて軽く洗った梅のなり口を取ります。
味噌:砂糖:梅の割合は、1:1:1です。味噌と砂糖を混ぜて容器の底に敷きます。その上に梅を並べていきます。
一段並んだら、その上に味噌をかぶせます。それを繰り返して、最後は味噌でふたをします。
Photo_234
冷蔵庫に入れて、時々撹拌して混ぜます。梅から水分が出るので生地を均一にするためです。このまま2~3週間置いておきます。
梅を味噌生地から出して、種を外して、実だけをミキサーにかけます。味噌生地に梅を戻して好みの硬さになるまで、お鍋で煮詰めます。
出来上がったら、冷蔵庫で保管。2年物の梅味噌は、味がまろやかで熟成されてます。

今年は、砂糖を使わずに自家製の甘酒で仕込んでみました。1合のご飯に米糀250gで作った甘酒です。水分量はいつも適当なので、今回の甘酒は少しゆるめでした。900gあったので、すべて使用しました。味は、出来上がってみないとわかりません。甘さがどれくらいになるのか、気になります。

|

« せぴあ倶楽部 | トップページ | 最後の梅仕事 »

クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« せぴあ倶楽部 | トップページ | 最後の梅仕事 »