お手軽ラッキョ漬け

今年もスーパーの店先にラッキョが並び始めました。
うっかりしていると姿を消してしまうので、早々と漬けました。

Photo
今年は、鳴門の洗いラッキョです。ラッキョ酢は、内堀醸造のものです。
作り方は、
① 洗いラッキョを水を張ったボールに入れてさっと洗い、ざるにあけて水気を切ります。
② 大きめの鍋でお湯を沸かし、沸騰したら火を消します。そこに、ラッキョを入れてひと混ぜしたら、ざるにあけます。このときお湯に気を付けて。やけどをしないように。
③ 水気が切れたらジプロックに入れて、ラッキョ酢を注ぎます。
④ ジップロックの空気をできるだけ抜いて、口を閉めます。

使う容器がジプロックなので固定するために、プラスチック容器にいれて保存します。

この方法が一番簡単で、一年経ってもラッキョの硬さは残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アン食パン

ホシノ酵母で、ミニ食パンを焼いてみましたhappy01

プレーンの食パンではなく、アン食パンを。これなら、トーストするだけでいいですからね。

Photoアンをたくさん入れたい私。1回の巻き込みではなく、2回も巻き込みました。
生地を伸ばしてアンをのせてロール状に巻きます。次に90度生地を横にして再度伸ばして、もう一度アンをのせて巻きました。

Photo_2

Photo_3どこを切っても、アンがはいっています(笑)

トーストして食べたら、美味しかったですdelicious 次回は、ミニではなくちゃんとした食パンで焼いてみようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子教室

珍しくお菓子教室に。月1回、パン教室に行くのですが、今月は仕事の都合もあってお休みしました。その代わりといっては何ですが、バレンタインデーを前に、友チョコのレッスンを受けにお菓子教室に行ってきました。

Photo
キャラメル生チョコです。同じ材料で作ったお友達の生チョコと食べ比べてみると、当たり前ですがキャラメルの焦がし具合で味が違いました。私は強めに焦がしたので、ビター感が強かったですscissors 写真には撮りませんでしたが、転写シートで模様を付けた生チョコもあります。

Photo_2
クランチは、軽い食感に仕上がっていますhappy01 ホワイトチョコを使ったものには、彩にドライクランベリーとピスタチオが入っています。

Photo_3最後に、チョコの一部をラッピング。中は、開けてのお楽しみになっています。

Photo_4作業の途中でいただいたおやつcake ガレットは大きな栗が入っていて、大当たりでしたheart02

クランチの材料を分けていただいたので、バレンタインデーには作ってみんなで食べますdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナツメの収穫

我が家のナツメの木がの枝が伸びて、お隣さんの庭に侵入。

旦那さんに頼んで、枝を切ってもらいました。切った枝から収穫したナツメが大量。

Photo
重さにして、3㌔以上ありました。その一部を煮ました。飛騨では、ナツメを煮て食べます。久しぶりに煮るので上手くいくかは不安でしたが、なんとか煮えました。が、味見をしたところ、ちょっと甘みが少ないcoldsweats01 収穫したナツメが若かったのも原因かも。残っているナツメでもう少し砂糖を増やして煮てみることにします。週末、実家に行く予定なのでその時のお土産用に。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅仕事3

梅仕事の記事もやっと最後の梅干しの話に。

Photo
今年もジップロックで漬けました。今年は、約2㌔を半分づつ2つの袋に仕込みました。

漬けこみ方も今年は、変更。NHKの「きょうの料理」のテキストに載っていた「さしす梅干し」の漬け方にしました。この方法は、砂糖・塩・酢につけた状態で土用の頃まで保存して、土用干しをしておしまいなんです。紫蘇を使わないので、ちょっと楽ですね。

初めから液体につかっているので、保存はプラ容器に入れて安定させています。土用干しをしてからの味見が楽しみです。

漬けた汁は、酢の物・マリネに使ったり、すし酢として使うことが出来るそうです。酢の物が好きな私としては、こちらの利用も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅仕事2

今年も「梅味噌」を作りました。

Umemiso
レシピは、クッキングパパのレシピです。でも、今年は砂糖の量を梅の9割にしてみました。味噌は、昨年仕込んだ手前味噌です。

1週間毎日かき混ぜ、鍋に移して好みのとろみまで煮詰めました。梅の実は途中で取り出して、種と実を分け実だけをフープロに。細かくして鍋に戻しました。で、今年もやっちゃいましたcoldsweats01 フープロの音がおかしいと思ったら、種が雑じっていたようです。煮詰めながら取り除きましたが、全部は無理でしたcoldsweats02 食べるときに気を付けるしかないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅仕事 その1

今年も梅仕事の時期がきました。

先日 近所のスーパーに梅の予約に行ったところ、「すでに予約の締め切りが過ぎました」と言われてしまいましたcoldsweats02 それでも、店頭に並ぶ分はあると言われたので、取り置きをお願いしてきました。

数日して、梅が入荷したとの電話を貰い、受け取りに行ってきました。今年の梅の値段は、昨年より高くなっていましたsad 店員さんに聞いたところ、今年は全体的に梅は値上がりしているとのことでした。申年だからか、天候不順のせいか。

Photo
今年も「パープルクィーン」で梅ジュースを作りますhappy01 

Photo_2
漬けこんで2日目。少しづつ氷砂糖が溶けはじめています。出来上がりが楽しみですheart04

次は、梅干しです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年も漬けました

気が付くと、店頭には「らっきょ」が!

今年も、「らっきょ」を漬けましたscissors

Photo
昨年同様、ジップロックの袋を使っての漬けこみです。
洗いらっきょをザッと水洗いをして、水けをきります。
鍋にお湯を沸かして、その中にラッキョを投入。すぐにザルにあげて水けをきります。
水けの切れたラッキョを温かいままジップロックの中に。そのままでは不安定なので、ボールなどの中で立たせて、市販のラッキョ酢を入れます。
空気を抜いて、シールを閉じます。
もしもの場合を考えて、保存はプラ容器などに入れて。

Photo_2
昨年漬けた残りのラッキョです。色がついてきています。まだまだ柔らかくなっていません。食べるとカリカリしています。

簡単なので、漬けてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畜産物料理講習会

広報で、「畜産物料理講習会」があることを知り、申し込んだところ抽選に当たりましたscissors

平成23年度から開催されているとのこと。前回は、申し込み順としたところ、電話が鳴りっぱなしになり、10分ほどで満員になってしまったとのことです。それで、今回は抽選ということになったそうです。

県内産の畜産物を使う(地産地消)ということで、今回の材料となったのは
お米(みのにしき)・円空里芋・飛騨牛・美濃ヘルシーポーク・奥美濃古地鶏・卵・ひるがの牛乳・はちみつです。

Photo
「円ちゃん棒」 郷土料理となっていますが、10年くらい前から作られていますが、お店で提供されているところは少ないです。
芋もちに鶏のミンチを混ぜ、塩コショウで味付けした後、油で揚げたものです。ミンチの食感が良くて美味しかったです。私的には、お餅風にして揚げた後甘辛タレでもいいかと。

Photo_2
主菜の「飛騨牛のステーキ」パセリバター添えです。もも肉ですが、柔らかく美味しかったです。

Photo_3
「豚肉の和風ねぎロール」です。作るのも簡単、味付けも簡単。それで美味しいsign01嬉しいレシピです。

Photo_4デザートの「なめらかはちみつプリン」です。砂糖とはちみつが入っています。分量も覚えやすく、火加減が簡単。家でも作ってみました。スが入らず美味しく出来ましたhappy01

参加者は、主婦がほとんどでした。作るのも早いです。が、ハプニングもありました。でも、楽しい時間でした。

来年もあれば参加したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お手軽なおやつ

久しぶりに「シリアルバー」を作りました。

Photo_3
材料さえあれば、5分で作れるのでお手軽です。

ついつい手が出てしまう「シリアルバー」なので、1回に作ったものが1日と持ちませんcoldsweats01 
写真の量でも、2日間持てばいいほうです。私は加減して食べているのですが、横で「手がとまらないなぁ~」と言いながら食べている人がいるんです(笑)

無くなったら、まだ材料は残っているので作ればいいのですが…

私は、食べ過ぎてのカロリーオーバーが怖いので、チビチビ食べています。健康診断が控えていますしcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧