御朱印と牡丹と藤

先日、独身の頃から知っていたけど行ったことのない場所に出かけてきました。

Photo
こちらは、数十年ぶりの「南宮大社」 
Photo_2お宮参りの方や車のお祓いにきた方、私たちみたいにお参りと御朱印をいただきにきた方などがいました。

Photo_3                       いただいた御朱印

入口の山門には、仁王像ではなく狛犬と右大臣左大臣?が。不思議。

次に向かったのが、大垣市の赤坂にある「お茶屋屋敷跡」 ここが独身の頃から知っていたけど、一度も訪れたことのない場所happy01 ナビで向かったのですが、迷ってしまい地元のおばさんに尋ねて、無事に到着。ナビの教えた道は狭くて普通車では通れませんでしたcoldsweats01

Photo_4茅葺の屋根の門をくぐって、中に入ります。左手側は竹林、右手側が牡丹園。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8黄色の牡丹や花弁の数が少ない桃色の牡丹などもあり、いろいろ楽しめました。
つつじも綺麗に咲いていました。芍薬はまだつぼみだったので、5月に入ったら楽しめるかな。

Photo_9
有名な作家の作品なのか、ウサギの銅像が。庭を走っているように配置されていました。

次に向かったのは、「赤坂スポーツ公園」 サッカーの練習が行われていて、駐車場は満車coldsweats02 短い時間の滞在だからと路駐。

Photo_10
路駐した場所からの眺め。藤とつつじがいい感じですね。

Photo_11藤の花の下を1㌔くらい、ブラブラと。運動公園なので、藤の回廊状態になっていて、回廊はウォーキングやジョギングができるようになっています。地面には100m200mと距離が書かれていました。私たちがいた時間は、皆さん藤の花を見ながら歩いていました。

行きたかった場所に行って、楽しんだ半日でした。運転した旦那さんは、知らない場所だったので疲れたと思います。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜 満開

先週、各務原市新境川の百十郎桜cherryblossomを見に行きました。

Photo_6
cherryblossomは満開で、川面には散った花弁が。

Photo_7
川べりでは、シートを敷いて花見を楽しんでいる方々が。平日なので少な目です。

Photo_8「桜まつり」は31日から始まりましたが、メーンの7日8日は葉桜になりそうです。天気予報では、8日は雨模様です。

Photo_9
桜が咲き始めてから雨が降っていないので、散った花弁も綺麗です。

日曜日には、墨俣町に花見に行きました。

Photo_10一夜城周辺の桜cherryblossomも満開です。

Photo_11一夜城の川下の堤防の桜cherryblossomも見頃です。

Photo_12花見の人たちで、いっぱいです。駐車場に入るのも並んでいます。午前中は通行できた道も、駐車場に入る車で渋滞のため午後には通行止めになり、警備員の方がう回路の説明をしていました。
来年は、夜桜cherryblossomを楽しみたいかなhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も恒例の

アップするのが遅くなってしまいましたが、今年も恒例の東京へのお出かけをしました。
例年は日帰りのお出かけになるのですが、今年は一緒に行ったお友達が、「せっかく行くのだから、泊まろう」と言いました。行きたいところもあったので、今年は一泊しました。

恒例に、名古屋駅に着いた時間で乗れる新幹線で東京に。富士山は残念なことに見られませんでしたthink

東京について、まず向かったのは恵比寿にある「東京都写真美術館」。 ここで「生誕100年 ユージン・スミス写真展」が開催中で、最終日に間に合いましたscissors

Photo
ゆっくりと写真を見て回りました。恵比寿マルシェも開催中だったので、ちょっと買い物。

Photo_2先日降った雪の残りがあちらこちらにありました。

続いて向かったのが、四谷。

Photo_3駅近の「消防博物館」へ。二度目の訪問happy01 お友達は、初めて。消防署と同居している博物館です。実物のヘリコプターや消防車なども置いてあり、楽しめます。

次は、「東京おもちゃ美術館」です。

Photo_4こちらでは、ちょっと仕事の関係もあり、いろいろなおもちゃを見たり、施設見学を。

ここからパン屋へ行きたかったのですが、歩き疲れもありホテルへ。東京駅近くのビジネスホテルでしたが、線路側の部屋だったので東北新幹線を見ることができましたheart01

Photo_5

Photo_6窓ガラス越しなので、写りはよくありませんが。

二日目は、まずは合羽橋商店街へ。
商店街を歩きながら、ちょっとだけ買い物。午後からの目的もあり、荷物が重くなるのを避けるため。スカイツリーも見ることができました。

目的の「東京国際キルトフェスティバル」へ。

Photo_7何回目かな~。毎年来ています。

Photo_8やっぱり人が多い。まずは、スタンドに座ってお昼ご飯を。
下に下りてから、手始めはメインのコーナー。続いて、エリックカールの絵本キルトのコーナー、モラのコーナーと順番に巡りました。もちろん、ショップも。ただ、買いすぎないように財布の口は固く締めたまま(笑)

Photo_10Photo_9
糸やさんで、ボタン付け糸の新しい活用方法の「紙に刺繍」して作ったカードケースのキットを購入。まだ作れていませんcoldsweats01

Photo_11

東京駅について、KITTEへ。

Photo_12ここに、東京大学の博物館「インターメディアテク」が。入場料無料。いろいろな物が展示してありましたが、展示の仕方がなんか面白かったです。普通の博物館の展示のイメージと違った。

二日間、たっぷり歩き、いろいろなところを見て回り、楽しかったです。来年も一泊になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母校へ行ってきました

今日は、母校に新体育館が完成し、その記念式典がありました。

Photo
10時半からの記念公演・13時からの記念講演会と内覧会に参加してきました。
記念公演では、プロダンサーの大前光市さんのダンスパフォーマンスと済美高校の男子新体操部の演技を見ることができました。

Photo_2
力強く華麗な演技をまじかに見ることができましたhappy01 タンブリングやジャンプをして着地した時の衝撃は大きいだろうなぁと。

Photo_3
アンデルセンの童話「錫の兵隊」を題材としたダンスパフォーマンス。

Photo_4
車いすダンスも演技の一部として披露されました。
スマホで動画も撮ったんですが、容量が大きすぎてパソコンに送信できませんでしたcrying
私たちがジャンプして着地する時に、大きな衝撃を受けます。それを関節を曲げることで少なくします。義足をつけて踊ると、着地した時の衝撃は私たち以上だと思います。きっと、それを少なくするために、義足に工夫がされているのでしょうね。義足をつけて踊っている動画はあるのですが、写真が撮れてないcoldsweats02

午後からは、記念講演会。会場一杯の聴衆。

Photo_5「よい生活習慣と生涯学習スポーツが作る健康」と題して、黒木登志夫(元岐阜大学学長)さんが話をされました。

続きを読む "母校へ行ってきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーインパルスが彦根に

3日4日と彦根城築城410周年ということで、彦根城の上をブルーインパルスが飛ぶということを知りました。3日は予行4日が本番。

彦根の街の中は駐車場が少ないので、車で行くことはちょっと躊躇。変わったところから見てみたいと、伊吹山の頂上から見てみようと思い立ちました。そこで、旦那さんに「伊吹山にいかない?」とお誘いをしましたが、反応が今一つ。一人で行くか、あきらめて岐阜基地を飛び立つのを見てあきらめるか。4日の朝まで迷っていました。
「車のガソリンを入れてくるわ」と旦那さんの一言。ヤッタ~~~ 伊吹山に行けるhappy01

Photo駐車場から頂上まで歩きました。私と同じ考えを持った方たちが、スゴ~~イ望遠レンズを付けたカメラを準備してしていました。いつもは、下から見上げるブルーインパルスの演技を上から見てみようと思ったのです(笑)

その結果は、山頂からでは遠すぎたsign03 スモークがたかれなければ、機体の位置が確認できませんでした。それでも何とかスマホで撮影しました。

20170604_131703

20170604_131726

20170604_131957
桜みたいに円を描く演技は、山頂からでも見えると思っていたのですが高度が山頂と同じくらいなのか、一直線にしか見えませんでしたcoldsweats02 

それでも、ブルーインパルスの演技が見られてよかったです。長浜くらいに行っておけばよかったと後悔もありますが。

11月の岐阜基地での演技は近くで見ることができるので、楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観光列車「ながら」で

先日、友だちと長良川鉄道の観光列車「ながら」に乗車しました。

乗車30分前に集合時間を設定。ゆっくりお喋りが出来ました。
席は自由なので、空いているところに座りました。
子どもの気持ちになって、運転席隣に立って車窓からの景色を楽しんでいた方も。

Photo
「ながら」の乗車プランは、3種類あります。
① ランチコース
② デザートプラン
③ ビュープラン

私たちは、乗車整理券500円と乗車券で乗れる③のビュープランです。
乗車するためには、事前の予約が必要となります。
2ヶ月前の1日からの予約です。今回は、11名の予約を取りましたcoldsweats01

Photo_11Photo_2この列車は、ランチプランの車両とビュープランの車両の2両連結です。

Photo_3座席ごとに生地の柄が変わっていたり、4人席のテーブルはサイズが変わります。
郡上八幡までの間、お喋りとおやつを楽しみました。運転席の隣は、乗客が楽しめるように展望用になっています。男の子が立って景色を楽しんでいました。そこに、子どもの心を持った大人も仲間入りhappy01
男性アテンダントが、風景や見どころの案内をしてくれます。お喋りに夢中になっていて聞き逃すこともcoldsweats01

Photo_4途中、トイレ休憩停車の駅に、馬の尾で作ったドレスが展示してありました。作った方が、説明をされていました。

Photo_5懐かしいチケット箱が置いてありました。今は自動券売機なので、駅の窓口にはありませんね。

Photo_6
郡上八幡駅は、昔ながらの駅舎です。最近、喫茶コーナーができたり、トイレも新しくなりました。私たちが行ったときは、まだ工事中でした。

Photo_8昼食は、「ケイちゃん定食」 「ケイちゃん」はこの地域の定番です。私的には、もう少しキャベツが欲しかった~

昼食後は、街なか散策。

Photo_7

Photo_9新しくオープンしたお店。地元のお茶の販売をしてます。ここのソフトクリーム、美味しかったです。

Photo_10お友達から進められていた「ラシェーズ」 ひるがのに本店があります。ここは、八幡店です。前から食べたかったチーズケーキを購入。柔らか~いチーズケーキです。
途中から、吉田川の親水遊歩道を歩きに行った方も。

それぞれ、思い思いに街なか散策。

駅に戻ってきたときに、「2017さくら道国際ネイチャーラン」の選手が走っていました。「頑張って~~」と選手に応援。たまにトイレの案内も(笑)

帰りの車内で、「今度はデザートプランに乗りたいね~」

楽しんだ郡上八幡の散策でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学びの森

仕事が早く終わったので、「学びの森」にウォーキングに行きました。

Photo
新緑がきれいです。ピクニックに来ている方や散歩を楽しんでいる方など。

Photo_2
               若葉の「冬ソナストリート」happy01

Photo_3花の準備も始めています。秋にはたくさんの銀杏が実ると思います。

2色の異なる桜の木が2本、並んでいます。手前の花からアップで。

Photo_4

Photo_5まだ、枝垂れ桜も楽しめました。

Photo_6タンポポ花盛りです。

Photo_7これから気候もよくなるので、散歩するにはいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初の御朱印をいただきに

少し前に作った御朱印帳を持って、御朱印をいただきに出かけました。

Photo
名前も入っています。

出かけた先は、関・善光寺。

Photo_2いただいた御朱印が、こちら↓

Photo_3
これから気候もよくなっていくので、ボチボチと御朱印をいただきにあちらこちらと出かけましょうかねぇhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三人三様のトンボ

記事の順序が逆さまになりましたが、3月末にもお友達の展示会に出かけてきました。

Photo
3人のお友達が、それぞれの材料でトンボを作り展示をしました。

Photo_2              包丁の柄の材料である木で作ったトンボ。

Photo_3              竹を削って作ったトンボ。

Photo_4              紙で作ったトンボ。

3種類ともバランスのとり方の考えは同じ。頭の先でバランスをとって、ゆらゆら揺れてもバランスをとって、落ちることはないです。

Photo_5私が行ったときに、たまたま市長も見にきていました。

Photo_6
壁に掛けられていた絵手紙もお友達のサークルの作品です。賛助出展です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄せ植え展示会

関・善光寺で、寄せ植えサークルの展示会が今日まで開催されています。

先日、お友達が出展しているので、見に行ってきました。

Photo
遠くからの撮影なので、よく見えませんねぇ~coldsweats01 近くによって

Photo_2

Photo_3いろいろな容器を使って、寄せ植えをしています。

善光寺の桜は、

Photo_4咲いているところをアップで。まだまだ、満開には遠いです。今週末くらいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧